読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

顔のない美女図鑑

顔が写っていないのに美女としか思えない写真の数々

仮面(覆面、お面)

胎児 その4

今回は再びモノクロの写真に戻って、変り種を紹介してみたい。 一枚目は、正面からの「胎児になりかけ」の構図である。 さなぎから卵に戻るかのような、不安定な状態とも言えよう。 深い悲しみに包まれながらも、指の先まで美しいのであった。 二枚目は、胎…

休止期間

当図鑑は時々休止期間を置いている。 今回で12月から続けてきた第四期は終了として、四月か五月くらいから第五期を始める予定である。 第四期は少し文章の量を減らしたり、ペースも緩くしたつもりで、そこそこ達成できたかと思う。 内容に関しては、手をつけ…

Bunny Girl Vol.1

ついに、満を持しての登場となるバニー・ガールである。 Wikipediaによると、我々が普通に思い浮かべる「バニー・ガール」というスタイルは雑誌「PLAYBOY」が発端となって出来たものらしい。 バニーガールは、アメリカの成人雑誌PLAYBOYとの連動企画で運営さ…

兎の扮装

なぜか兎の場合は、美女が被り物や仮面によって兎に扮装している写真がたいへん多いので、今回は仮装パーティに参加する気分でご覧いただきたい。 これは兎のお面だが……。 やはりこのように、「被る」タイプのものが多いのである。 これは完全に被っている図…

ポスター

<a href="http://faceless.hatenadiary.jp/entry/2014/10/02/160000" data-mce-href="http://faceless.hatenadiary.jp/entry/2014/10/02/160000">三つの髑髏 - 顔のない美女図鑑</a> 三つの髑髏 - 顔のない美女図鑑 以前「三つの髑髏」の回で「このブログのポスターを作るとしたら、どのような写真が相応しいか」と考えたことがあった。 今回はその話題の続きで、ポスター用写真の候補を三つ挙げてみる。 こ…

敷物(および敷物女子)

いかに獰猛な動物であっても、毛皮の敷物にされてしまうと威厳がすっかり失われる。 「ガオー!」 どころか、口を広げられて、 「はがが……」 と息をするのが精一杯といったところか(息もしてないのだが)。 スタイル抜群の黒づくめ美女に乗りかかられて、こ…

山羊ふたたび

半年ほど前にも「山羊」という回があるので、今回が二度目の登場となる山羊である。 &amp;amp;lt;a href="http://faceless.hatenadiary.jp/entry/2014/05/01/011317" data-mce-href="http://faceless.hatenadiary.jp/entry/2014/05/01/011317"&amp;amp;gt;山…

三つの髑髏

「自分の書いているブログのキャッチコピーや、ポスターの案を考えてみる」という課題は、物を考える訓練としては面白いかも知れない。 このブログの場合は「顔のない美女図鑑」というタイトルがキャッチコピーと内容説明と自己紹介を同時に兼ねているので、…

仮面

このブログは「顔のない」写真を扱っているのだが、これまで「仮面」というテーマには、ほとんどノータッチであった。 「盗賊」の回で気づきそうなものだが、あの回は「コスプレ」で「覆面」なので、かえって「仮面」は盲点になっていたようだ。 盗賊 - 顔の…

盗賊

初めてこの画像を見た時には「ドロロンえん魔くんの帽子か?」と思ったが、実はドラクエⅢに出てくる盗賊カンダタのコスプレなのであった。 それにしても、これだけコミカルなかぶり物をしておきながら、何という顔のない美女ぶりであろうか。 この見事な肢体…