読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

顔のない美女図鑑

顔が写っていないのに美女としか思えない写真の数々

美脚準備

f:id:ankoro:20140806151602j:plain

こうして人前に出る準備をしている段階にある美脚も、やはり人目に晒されている時の美脚と同じように美しい。
あらためて考えてみると、これは大変なことである。

むしろ、
「夜、寝ているときにはシワシワになって縮む美脚」
とか、
「スカートの下では急激に骨と皮だけになる美脚」
といった形で周期的に変動があった方が、かえって自然ではないだろうか。
ちょうど陽が昇って明るい朝になり、陽が沈んで暗い夜になるように。
それが毎日毎晩、繰り返されるように。

しかし現実において、美脚は常に美脚、一時の休みもなく24時間態勢で美脚を全うしているではないか。
これは驚くべきことだ。
「24時間、365日、春夏秋冬、ご苦労様です!」
全人類を代表して、あらゆる美脚に感謝の意を表したい。
「ありがとう!い~い美脚です!」
本当に頭の下がる思いで一杯だ。


……ところで今回はやや字数が少ないので、ひとつ美脚ファンのための映画をご紹介しておきたい。
それはフランク・キャプラ監督の「或る夜の出来事」である。

 簡単に言うと「ローマの休日」の先祖のような映画(「ローマの休日」の方も最初はキャプラに監督のオファーが行ったという話もある)で、途中に美脚ファンならハッとするような名場面がある。

或る夜の出来事 [DVD]
  

最近はDVDのパッケージにもネタばれ的な解説や写真が載っていたりするので、まだご存知でない方は、なるべく予備知識なしで観るべき傑作である。

 

別の記事へジャンプ(ランダム)