読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

顔のない美女図鑑

顔が写っていないのに美女としか思えない写真の数々

全体像

f:id:ankoro:20140806105012j:plain

前回のトックリちゃんの背中の図は、実に良かった。
あの写真を最初に見かけたのは、去年の今頃だったであろうか。
それ以降、

トックリちゃんの全身像は一体どうなっているのか?
と、そればかりが気になり、何も手につかなくなってしまった。
燃え上がるような恋と情熱の炎に身を焦がす日々が、何ヶ月も続いたのである。

やがて……。
そんな筆者に神様が手を差し延べて下さったらしく、今回のこの一枚をTumblrで発見することができたのだ!
「あっ!トックリちゃんの全身像だ!」
驚きのあまり、そう叫んでしまった。
それほどよく似ているではないか。
「世の中には自分によく似た人が三人いる」そうだが、おそらくトックリちゃんとこの女性とは、骨格も声もご尊顔も、そっくりに違いない。
きっと「十六歳までクラシックバレエを習っていた」とか、そういう点まで似ているに違いない。
もしかして、名前も同じだったりして……。
さらに、このブログの愛読者だったりして……。
「Oh!私ノ姿ガ、コノBlogニ、載ッテイルヨ!」

 

そんな愉快な妄想はともかく、急に昔のことを思い出したのでメモをかねて書いておきたい。


筆者が子供の頃にアニメ「機動戦士ガンダム」がブームになり、その中に、足のない未完成品のロボット(作中ではモビルスーツと称する)が登場したことがあった。
話としては「別に足などなくても、十分これで戦える」とか何とか、そんな理由で主人公のロボットと対戦するような流れなのであった。
驚いたのはその後で、プラモデルの雑誌にこのロボットの完成状態を想定して誰かが作った、足つきの自作モデルが掲載されていたのだ。
本編で出てこなかった、いわば幻の設定を延長して、さらに目に見える形で再現してしまうというセンスと発想力と実行力にえらく感動してしまった。

で、トックリちゃんの背中の図から始まって、この全身像を発見した時の感動というのは、その時の感動に似ているような気がちょっとしたのであった。

 

別の記事へジャンプ(ランダム)