読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

顔のない美女図鑑

顔が写っていないのに美女としか思えない写真の数々

白鳥の湖

f:id:ankoro:20140812180838j:plain

一日に十六時間もの過酷な練習の日々……!
彼女の体は、とうの昔に限界を超えていた!
稲妻のように背筋から右肩に走る、耐えがたいほどの激痛!
しかしそれでも、主役の座を明け渡すわけにはいかない!
亡き父の残したトゥ・シューズの誇りにかけて!
そして、無実の罪を着せられた母の汚名を返上するために……!

今回は、つい大河バレエドラマごっこをやりたくなってしまうような、悲劇性を内包した写真である。
それは置いておくとして、この背中はタイプ的には前回までの背中とは確実に異なっている。
それは「背骨が出ている」という点で、これとは対照的に「背骨の部分が凹んでいる」というタイプの背中もあるのだ。
今回は背骨が出ていて、かつ肋骨の筋まで見えている。
いわば「ガリガリ型」とでもいうべきタイプで、これほど皮下脂肪が少ない状態で「顔のない」「美女」という条件を満たすとなると必然的にバレリーナの写真になってしまう。

これまでバレリーナ写真は控えていたのだが、実は「顔のない」「美女」という条件で写真を探すと、バレリーナやファッションモデルの写真は労せずして多く集めることができる。
それは体型のよさと、その人のいる場所、衣装、ポーズなどが「美女」を連想させやすいためであるので、どうも純粋性が薄れるというか、雰囲気だけで誤魔化しているように思えてならない。
筆者は個人的にそのような写真を「バレリーナごまかし」「ファッションごまかし」と名づけて遠ざけていたのだが、今回は背中シリーズの一環として採り上げてみた。