読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

顔のない美女図鑑

顔が写っていないのに美女としか思えない写真の数々

花と唇

f:id:ankoro:20140718222614j:plain

「花を食べたい」という欲望は、おそらく「空を飛びたい」と並ぶくらい普遍性のある平凡な欲望だろう。

「美しい」と「美味しい」が重なるはずだという、論理的にも感覚的にも正しそうな発想である。

ときどき、

「食べられる花もあるんですよ!」

「このお店では何と、メニューに花が!」

みたいなニュースを目にすることもあるが、何故かそれが定着したという例をひとつも知らない。