読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

顔のない美女図鑑

顔が写っていないのに美女としか思えない写真の数々

ゴージャスな胸元

f:id:ankoro:20141024132023j:plain


お尻は鑑賞用の部位としてはかなり人気が高い。
しかしその反面、お尻の持ち主にとっては実用的なクッションでもある。
従って、お尻は飾られることが少ない。
むしろ、覆いを剥ぎ取られる運命にある。
常に引き算される、受身の部位である。

 

これに対して胸は、飾りを付けやすい。

諺に「江戸の敵を長崎で討つ」とあるように、
お尻を装飾品で満たすことのできない恨みを胸で晴らそうという、腹積もりであろうか。

 

 

f:id:ankoro:20141024132114j:plain

 

胸はまた首に近い部位でもある。

首の延長線上に胸がある。

 

 

f:id:ankoro:20141024132512j:plain

 

 

首飾りとはつまり、胸も飾る「胸飾り」を兼ねてもいる。

 

f:id:ankoro:20141024132630j:plain

 

 

胸を隠す腕そのものが美しく、華美であるという例もある。

 

さらにまた、

 

 

f:id:ankoro:20141024132953j:plain

 

自然の美が胸元に美を添える例もある。

優しくたおやかな自然の美。

 

先生!生まれ変わったら蝶々になりたいです!

と叫びたくなるほどの美しさである。

 

……とは言うものの人工的な美も、自然の美も、共に分け隔てなく公平に称えてゆくのが当図鑑のポリシーである。

 

公平性を保ちつつ別の記事へジャンプ(ランダム)