読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

顔のない美女図鑑

顔が写っていないのに美女としか思えない写真の数々

自然な胸元

f:id:ankoro:20141026141211j:plain

 

ゴージャスな胸元は、飾りすぎで少々大げさ。

シンプルな胸元は、エロくなりかけてしまって困る。

といった欠点を克服するような胸元……。

それはごく普通の、日常生活の中での自然な胸元ではないだろうか?

 

 

f:id:ankoro:20141026141450p:plain

 

何の変哲もない、ありきたりの胸元。

そこに掛け替えのない「美」をあらためて発見して大喜び。

そんな純朴な人間でありたいと心から願う筆者である。

 

 

f:id:ankoro:20141026141847j:plain

 

こちらは特殊な、前を大きく開いたカパ感のあるデザインになっているようだ。

「トンチンカンな服を着やがって、この野郎!」

と騒いではいけない。

「カパ感、出とるやんけ!」

などとニヤけてもいけない。

 

ニットが緑、本の表紙も緑で、揃えているという繊細な配慮が感じられるではないか。

「とても素敵なデザインですね!胸元が自然に強調されていて、緑色の薔薇もよくお似合いです。本の装丁ともよく調和が取れているようだ」

 

さっきまで純朴だった筈なのだが、急に筆者は翻訳調で喋る気障な人間になってしまった。

自分でも何が言いたいのかよく分からなくなってきたので、今回はこの辺でもうやめよう。

 

とりあえず「胸元」という鉱脈を発見できたことは、ここ数日の大きな収穫であった。

 

【お知らせ】

ツイッターで「顔のない美女図鑑」の次回予告ができそうな時はするようにします。

https://twitter.com/octp8

 

別の胸元を求めて……、過去の記事へジャンプ(ランダム)