読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

顔のない美女図鑑

顔が写っていないのに美女としか思えない写真の数々

寄りかかる

f:id:ankoro:20141210131705j:plain

 

タイトルが動詞一語のみ、という小説がたまにあって、幸田文の「流れる」と田辺聖子の「言い寄る」の二つしか思いつかないが、いずれも名作である。

 

 

流れる (新潮文庫)

流れる (新潮文庫)

 
言い寄る (講談社文庫)

言い寄る (講談社文庫)

 

 

このスタイルに前々から憧れがあったので、今回は久々に一枚のみでタイトルは「寄りかかる」としてみた。

美脚で美腕で、豊麗な美髪である。

裸足という点も良し。

 

ところで、このように壁にもたれている図は、探せばいくらでも見つかりそうに思われる。

ところが「顔のない美女」という観点からコレクションを続けていると、体の正面を壁に向けている(背中をこちらに向けている)という、これとは反対の図の方がかなり多くなってくるのである。

 

という訳で「背中の美(in Winter)」的な意味も込めて、年内に一度はその手の図を大公開してみたい。

お楽しみに。

 

別の記事へジャンプ(ランダム)