読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

顔のない美女図鑑

顔が写っていないのに美女としか思えない写真の数々

シルエット その3

体育座りのシルエットである。 このように体を丸めて、落ち込んでいる姿もまた絵になる。 シルエットとは別に「胎児のポーズ」という枠もあるので、近々整理してお目にかけてみたい。 別の記事へジャンプ(ランダム)

シルエット その2

シルエットは光が射さないと現出しない。 よって窓辺は絶好のシルエット成立地点である。 かくして「窓辺」カテゴリーと合流してしまった「シルエット」である。 窓辺は人が何をしても様になる。 美女であれば尚更である。 窓辺は憧れを見上げる場所でもあり…

シルエット その1

「シルエット」カテゴリーを使うのは八ヶ月ぶりである。 しかし、間を置いてしまった分を取り返すかのような美しさ……。 正直、まぶしい。 正視できないほどの輝きである。 心までその輝きに押し潰されてしまいそう。 という訳で今回はゴールデンウィークにち…

青空

今回で更新が160回となった。予定通り、第二期はここで終了ということで、一ヶ月ほどこのブログはお休みとなる。 10月以降はどういうペースになるか今のところ未定だが、漠然と10月~年明けくらいまでやりたいとは思っている。 書いておかないと忘れてしまう…

投げ縄

久々のシルエットものである。この帽子とサボテン、さらに夕陽で、いかにも西部の女という雰囲気が漂っている。 肩から下げているのは投げ縄であろうか。 投げ縄を見るのは、おそらく筆者の人生ではセザールのCM以来の出来事である。 【お知らせ】 最近、F…

納屋

ばったりと美女に出くわしてしまう。しかも納屋で。今回はそのような一枚である。 これがスパイ映画の場合、納屋に逃げ込んだ主人公の前に現れる女は、大抵ろくな女ではない。この写真のような状況下では、次の瞬間には銃口がこちら側に向けられている。「君…

前回の続き【完結編】

前回の続きシリーズ、まさかの完結編まで出てくるとは、いったい誰が予想したであろうか。小鳥との思い出を振り払うように、悲しみの淵から立ち直った彼女が飼い始めた新しい鳥……!その姿は何と、カラスなのであった!という風に見えなくもない。そういう訳…

前回の続き

「前回の続き」というタイトルがぴったり合いそうな写真を、たまたま見つけた。このような良き偶然を即座に取り入れることができたのも、元はと言えば前回少々手を抜いたためである。前回は正直な話、やや疲れていたので適当に書いてしまった……。言い訳めい…

当ブログは日夜、全力で「顔のない美女」を追い求めている。しかし正直な話、少し気を緩めるとちょいエロ路線に傾いてしまいがちである。たまには、お洒落なブログを書く性格よさげ女子が「ほっこり」したり「まったり」したりするような写真も載せてみたい…

これまた典型的なシルエットの図。「ああ、何という素敵な子猫ちゃんなのでしょう!」と翻訳調で叫びたくなるほどの決まり具合であります。十分、いや十時間、いや十日間ほど眺めていても飽きないほど……。 それほどの完成度の高さであります。 「暗闇でも君…

波止場

後ろ姿でシルエットのみという「金曜ロードショー」のオープニングのような図。 波の音と共に、トランペットの音も聴こえてくるかのようである。 「顔のない美女写真」には「シルエット」というのも実はけっこう多い。 とりあえず「ピンボケ」や「後ろ姿」「…