読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

顔のない美女図鑑

顔が写っていないのに美女としか思えない写真の数々

f:id:ankoro:20140720223827j:plain

同じ「両手隠し」でも、手の向きが逆の図。

さらに小道具としての鏡があり、しかもその場所が股間という、独特な構図を持った一枚である。

誰が見てもまず鏡に目が行き、そして前に進んだ視線がクイッと手前に折れて、「あっ、こっち側に顔があるんだ」と確認してからまた向こうへ行くような、稲妻的動きを誘導する。

少なくとも頭の中で一度、整理して考えてしまう。

考えながら見てしまう。

見ながら考えてしまう。

主役が鏡と構図で、美女の顔はその意図や計算の向こう側にある。

「ある」ということを忘れさせるほどの向こう側にある。

向こう側にあるけれども、実際は手前側にある。

そして写真の中にあるけれども、写真の外にある。

でも結局、顔は見えない。

もし、「顔のない美女写真展」が開催されるとしたら、絶対に外せない一枚と言えよう。

 

別の記事へジャンプ(ランダム)