読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

顔のない美女図鑑

顔が写っていないのに美女としか思えない写真の数々

これあげる その3

あのね……。 実は……。 はい。 これあげる……! うわーん! 練習:二枚目と三枚目の間で、どのような会話のやり取りがあったのかを考えて自分の言葉でまとめてみよう(三十字以内)。 別の記事へジャンプ(ランダム)

胎児 その6

今回は胎児のポーズの、そのまた一部分を捉えた作品である。 何と称するべきか、ここは迷わずズバッと! 「お尻胎児」! と言いたいところだが、ストレートすぎるのでやや遠まわしに、 「ことわざ胎児」 としておきたい。 何のことわざかであるかは、各自の…

胎児 その5

今回は着衣での胎児のポーズである。 まず最初は、胎児のポーズをとりながらもどこか心が不安定で、放心しているかのような一枚。 「ん?」 と、何らかの疑念がフワッと湧き出た瞬間のようでもある。 「鍵、締めたっけ?」 のような。 次は両足(美脚)も靴…

胎児 その3

今回は、カラーでお届けする胎児のポーズである。 最初はやや胎児っぽくない、ショータイムの最中のような一枚であるが、遠目には胎児風に見えなくもない。 続いて、胎児というよりは「体育座り」のポーズ。 このように、膝をかかえてロックしたような状態で…

第五期

このブログは時々休み、そして皆が忘れた頃に「あっ、復活してる」と思われたがっているブログである。 あるのかないのか、いるのかいないのか判然としない謎めいたブログである。 しかしそれでも、回を重ねてかれこれ262回目である。 本日より、またコツコ…

肩隠し その8

今回は肩隠しの応用編で、角度によっては肩で顔を隠しているポーズにもなりそうだが、単に顔を伏せているような状態である。 一瞬「泣いているのか?」と心配させて、実は笑いを堪えていたりするタイプ……。 しかし、そこが可愛い! もう、こねくり回して、丸…

敷物(および敷物女子)

いかに獰猛な動物であっても、毛皮の敷物にされてしまうと威厳がすっかり失われる。 「ガオー!」 どころか、口を広げられて、 「はがが……」 と息をするのが精一杯といったところか(息もしてないのだが)。 スタイル抜群の黒づくめ美女に乗りかかられて、こ…

鹿

死体ではありません。 死体ではありません。 死体ではありません。 死体ではありません。 死体ではありません。 と繰り返していると、この体が次第に死体であるように見えてくる。 死体です。 死体です。 死体です。 死体です。 死体です。 正反対のことを書…

胎児

胎児のように体を丸めているポーズの写真が何枚かあって、これはそのうちの一枚である。 トキワ荘の漫画家たちが流し台を風呂の代わりにしていた、というエピソードを想起するが、勿論この女性は漫画家ではない。 これもまたカテゴリーの分類上やや困るのだ…