読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

顔のない美女図鑑

顔が写っていないのに美女としか思えない写真の数々

お尻

まっすぐ その4

「まっすぐ」というテーマをいつ思いついたのか記憶にはない。そもそも、ほとんど重要視していなかった。 ところが、実際に扱ってみると好評のようだったので「その4」を追加してみたい。 ちなみに今回で299回目の更新となる。 299回も続けてきて、もうテー…

まっすぐ その3

「まっすぐ」なのは背中だけなのであろうか? いや、違う! お尻だって、まっすぐの構図でグイグイと自己主張したい! と思ったものの、 どことなく「その1」「その2」に比べると迫力不足という印象はぬぐえない。 という訳でまた「その1」の構図に戻って…

まっすぐ その2

「まっすぐな人間」 というものを最近、すっかり見かけなくなった……。 まっすぐな男。 まっすぐな女。 まっすぐな生き方。 まっすぐな……。 どこにも見当たらない……。 でも、心配はいりません。 あなたの心を支える、まっすぐなブログ。 それがこの「顔のない…

まっすぐ その1

まっすぐで、 姿勢がよく、 背筋がピンと伸びている。 そのような姿は、美しい。 言うまでもなく、 顔のない状態であっても……。 別の記事へジャンプ(ランダム)

便器 その2

前回とはまた違った、チャーミングな腰掛けぶりの、春の妖精のような姿である。 窓や床の緑が効いている。 この後ろ姿の美女は小さな窓から顔を出して、誰かと会話でも交わしているのであろうか。 「かず子や、お母さまがいま何をなさっているか、あててごら…

胎児 その6

今回は胎児のポーズの、そのまた一部分を捉えた作品である。 何と称するべきか、ここは迷わずズバッと! 「お尻胎児」! と言いたいところだが、ストレートすぎるのでやや遠まわしに、 「ことわざ胎児」 としておきたい。 何のことわざかであるかは、各自の…

鏡 その8

鏡と美女とカメラの位置、この三角形は小さい方がよい。 小さければ小さいほどよい、と言いたいところだが、極端に小さいというのもまずい。 不自然になってしまう。 水着における三角形にも同じことが言える。 小さい方がよい、小さすぎるのはダメ。 人間は…

鏡 その7

またもや「復讐シリーズ」の、今度はシーズン3かという後ろ姿である。 <a href="http://faceless.hatenadiary.jp/entry/2014/04/29/072717" data-mce-href="http://faceless.hatenadiary.jp/entry/2014/04/29/072717">復讐 - 顔のない美女図鑑</a&…

チョコレート

バレンタインデーが近づき、デパートや商店街やコンビニでは盛り上がっている様子である。 当図鑑も、 「バレンタインデーにちなんで、チョコレート特集だ!」 と景気よく盛り上げてみたいところであるが、いかんせん二枚しか候補がないので引き延ばしても今…

鏡 その3

パッと見は「後ろ姿」であるが、よく見ると正面奥のガラス部分が鏡のように正面像を映し出している。 しかし「ピンボケで見えない!」という、視線も心理も誘導される仕掛けになっている一枚である。 ちなみに左右反転の白黒版もある。 これはこれで、またマ…

鏡 その2

何と、十ヶ月以上も前の「鏡」の「その2」が今回である。 <a href="http://faceless.hatenadiary.jp/entry/2014/03/27/093902" data-mce-href="http://faceless.hatenadiary.jp/entry/2014/03/27/093902">鏡 - 顔のない美女図鑑</a> 前々からや…

ローラースケート

ローラースケートという存在は、スポーツなのか遊びなのか、どうもはっきりしない。 オリンピックの競技種目に入る・入らないといった話題にもならないし、仮にスポーツだとしたらルールはどうなっているのか、一般常識としてほぼ知られていない。 筆者が子…

肩隠し その9

今回で肩隠しシリーズは最終回である。 今回は、肩から腕のラインが顔を通り過ぎて、耳の辺りにまで進んでいるというポーズである。 結果的に胸のあたりで顔を隠すという、仰ぎ見るような角度になっている。 しかし、胸がポイントかというとそうではない。 …

肩隠し その2

「肩チラ」という名称は、肩そのものがチラッと見えることを指すようなので、どうも筆者が書きたいこととは違っているし、読者を混乱させてしまう。 それに、チラ見はチラ見としてこれまでにも扱っているので、今回のシリーズは「肩隠し」という名称に変更す…

金色 その3

金色シリーズは、とりあえず今回で幕となる。 最後は「金色の靴」を中心に見ていきたい。 自分で履くのは勿論、買うことも贈ることもできないレベルのアイテム! それが金色の靴! あなたがもし、イラストを描く人だとしたら、これまでに一度でも金色の靴を…

金色 その1

美女にふさわしい色と言えば「金色」である。 「きんいろ」という安っぽい読み方ではなく「こんじき」と読んでいただきたいところである。 「こんじき」……、 それは、 美と、 富と、 幸福と、 繁栄と、 愛と、 希望のしるし! 「こんじき」……、それは美女だ…

クリスマス その4

クリスマスカラーといえば緑と赤である。 この二色の組み合わせは、クリスマスに関係なくともクリスマス風の雰囲気に見えるほどである。 しかし、せっかくのクリスマスなので、もう少しクリスマスっぽさを打ち出してみよう。 ドーン! と、このような美脚の…

クリスマス その2

クリスマスといえばツリーである。 「クリスマスツリーと美女」という取り合わせは、足し算ではなく掛け算的な成果を予感させてくれる。 特にあの電飾は、いかにも美女に似合う重要な小道具である。 これはもう欲望が先走って、 「直接、電飾を着せてしまい…

壁近

世を騒がせている「壁ドン」ではなく……、はたまた「デパ地下」でもない……。 その正体は、筆者が勝手に造った言葉……!それが「壁近(かべちか)」!読んで字のごとく「壁に近い」という意味である。 唐突ながら、当図鑑内では壁に近寄ってポーズを決める壁近…

Bunny Girl Vol.1

ついに、満を持しての登場となるバニー・ガールである。 Wikipediaによると、我々が普通に思い浮かべる「バニー・ガール」というスタイルは雑誌「PLAYBOY」が発端となって出来たものらしい。 バニーガールは、アメリカの成人雑誌PLAYBOYとの連動企画で運営さ…

座る

「動詞一語のタイトル」というのは、たまたま思いつきで前回やってみた案だが、よく考えてみると便利でわかりやすい。 そもそも、写真を見て「何」を中心に鑑賞するべきか、文章にする以前の意識がうまく動けずに停止してしまうようなことが時々あるので困っ…

エナメル

「エナメル」は庶民には縁遠い材質である。 「豹柄」の時にも感じたことだが、世の中には「いい女」専用のファッションという領域が存在する。 <a href="http://faceless.hatenadiary.jp/entry/2014/05/19/003321" data-mce-href="http://fac…

ジーパン

「ジーパン 」と耳にしただけで、反射的に「刑事」を連想する世代なので「背中の美(inサマー)」の6位にランクインした美女以来、すっかり「美女とジーパン」という組み合わせにはご無沙汰であった。 <a href="http://faceless.hatenadiary.jp/…

馬 その2

連続殺人犯を追う刑事が二人、容疑者のアパートに行くとすごい美女が半裸で出てきたりして。 「まあ、素敵な刑事さん……、」 なんて木馬の頭をいじりながら甘い声で言う。 「きっと、お仕事ができるタイプなのねン……」 不自然なほど顔を近づけて、ネクタイを…

馬 その1

問:馬とはどのような動物か? 答:美脚とお尻を強調するために神様が造った動物。 余の辞書にはそのように書いてある。 ヒヒーン!といなないて別の記事へジャンプ(ランダム)

鹿

死体ではありません。 死体ではありません。 死体ではありません。 死体ではありません。 死体ではありません。 と繰り返していると、この体が次第に死体であるように見えてくる。 死体です。 死体です。 死体です。 死体です。 死体です。 正反対のことを書…

猫(モノクロ編)

<a href="http://faceless.hatenadiary.jp/entry/2014/04/16/200559" data-mce-href="http://faceless.hatenadiary.jp/entry/2014/04/16/200559"&…

チャック

以前は、複数の写真に共通のテーマであるとか、カテゴリー分けであるとか、そうした分類上の限界点にいずれは達するのではないかと心配ばかりしていたのだが、近頃はそうでもないような気になってきた。 というのも分類作業をすればするほど、ある領域と別の…

態度わる子

煙草を片手に、探し物の手伝いをしている。そんな昼下がりのわる子さん。これでも、一生懸命探しているつもりなのである。一応、灰が落ちないように気をつけているつもりなのである。 ところで以前は、「コンタクトレンズを床に落としてしまって、皆で探す」…

芸術わる子

よし江「わる子、何やってんの!美術の先生に見つかったら怒られるよ!」 わる子「あら、よし江じゃない。あたしもう、そういう小さいことに拘ってないから」 よし江「何か製作しちゃってるし!」 わる子「あたしって、世間とか常識?そういうの越えたとこで…

寝相わる子

ちょっと、わる子!朝だから起きなさいって! もう!さっきから!何回言わせるの!この子は!幾つになっても、だらしないんだから! 「明日、寝坊するから早めに寝なさいよ」って! あれだけ言ったのに! 今朝はもう、先生が迎えに来てくださってんでしょ!…

JSA

第三期は、平日(月~金)の更新を原則として、およそ八週間から十週間ほど続けてみたい。 ただし、切りのいい所で区切りたいと考える場合もあるだろうし、はてなブログの無茶な「お題」に応じてあれこれ考える楽しみも捨てがたいので、土曜日も例外的に更新…

背中の美(inサマー) ベストテン圏外

このブログは「一回の記事に一枚の写真」という原則に沿ってこれまで続けてきた。 しかし、このところ画像使用量がほぼ上限なしという状態に突入した(プロにした)嬉しさから、枚数は多めで文章も長めになってしまっている。 「お前の原則は、一体どこに行…

単一同系色集

写真に限らず、世の中にはどういう意図で作られたのか分からない作品が数多くある。あるだけでなく、絶えず鑑賞する側に「意図や意味を読め」という図々しいメッセージを送りつけてくる。われわれは常に「分からなかったらどうしよう」と怯えながら暮らして…

浮遊感

昔の忍者物のドラマや映画においては、忍術を表現するのにフィルムの逆回しや上下反転といったテクニックがよく使われていた。その手の場面には妙な違和感があって、子供の目で見ていてもすぐにそれと気づくことが多かったように思う。写真もそれと同じで、…

美脚の研究 その2

美脚研究の二日目は、一枚の写真に二本の美脚が含まれるものが対象である。 と言っても、世の美脚写真のほとんどは二本ものであるので、今回は、 「背後からの視点による美脚」 に限定してお送りする。 さて、背後美脚は「後ろ姿」というカテゴリーにも入り…

お尻についた砂を、 「ぺチン!」 と叩く音が聴こえてくるかのような、夏だけに特有の仕草と瞬間をとらえた一枚。 ところで、よく「ブログに書くことがない」という悩みを見かけるのだが、そういう時は、 「他のブログを褒める」 というのがベストの対処法で…

ラジカセ

今はもう現物を目にする機会も少ない「ラジカセ」である。 ラジカセのラジオの部分やカセットテープの部分から流れる音というものは今にして思えば、しょぼい。 しかし、しょぼい再生機器であっても「いい音楽」は「いい音楽」であって、むしろラジカセを経…

ボディアート

こうなるとボディに蛍光塗料をペインティングしているのか、ボディに映像が映っているのか判然としない。 例えばボディペインティングした誰かの姿を撮影して、その映像を別の誰かの服に映すとか、裸体にペインティングする様子の動画を映写するようなことも…

市松模様

白黒の市松模様の台座があって、その上に座ったモデルの背中から下の部分に市松模様の光を当てているという図。 と解釈していいのかどうか、多分いいんだろうなという、やや自信を持てない一枚である。 意図としては、 「服を着ているのかと思ったけど、よく…

光の斑点

影というより「光の斑点」が規則性を保ちつつ落ちている図。 「光あるところに影がある」 とはよく言ったもので、どちらが模様でどちらが地なのか、持ちつ持たれつで互いを引き立て合っている。

枝葉

窓外にある木の、枝葉の影が裸体に落ちているの図。 もともと枝や葉は曲線的なものなので、それがもう一度、体の上で歪んでいる。 その曲線×曲線の織り成す陰影が美しい。 秋と冬の間くらいの時期にふさわしい一枚である。 ちなみに今はモロに真夏日が続いて…

真珠

このブログは3~4日ほど先まで書き溜めているので話題が少々古いが、7月13日の「拘束」という回が「はてなブックマーク」のホットエントリー入りしたせいで、いきなり一日のアクセス数が2354にまで増えた。 せいぜい一日で30人程度の読者数を想定してマイ…

サッカー

あの国もあの国も、さらにあの国までもが姿を消してしまうという大波乱の中……! いよいよ大詰めを迎えつつあるW杯にちなんで、サッカーを行っている美女の図である。 これまで当ブログでは、 「美女は何々が似合う!」 と、半ば強引に断言してきた。 「シン…

全体像

前回のトックリちゃんの背中の図は、実に良かった。あの写真を最初に見かけたのは、去年の今頃だったであろうか。それ以降、 トックリちゃんの全身像は一体どうなっているのか?と、そればかりが気になり、何も手につかなくなってしまった。燃え上がるような…

エックス型美脚

美脚を交差してバツの形にしてしまう。これを「バツ型」と呼ぶと美的ではないので、「エックス型美脚」と呼ぶことにしたい。 この形の美脚から発せられている主なメッセージは「禁止」である。全体がもう「駄目!駄目なのよ!」と叫んでいるようなものだ。何…

ブワーッと風が来て、バサーッとめくり上げる! ここまでスカートがめくり上がっていると、見ている側まで気持ちがサバサバしてきます! 普段「カテゴリ」がどうのと悩んだり、セーフかアウトか微妙なライン上で悩んだり……ウジウジ……。 しかし! 「たかがブ…

続・お尻と猫

「お尻と猫」というテーマに合った写真が他にもあるので、三枚ほど紹介してみよう。 「顔のない美女」という本筋とはやや外れてしまうが、この機会を逃すと二度とチャンスが来ないかもしれない。 しかしなぜ猫というものは、こうして乗っかってくるのか。 美…

お尻と猫

前回とは向きが逆のお尻の図。 しかし、向きは逆でも魅力はそのまま。 なので、つい猫も手を出したくなりますの図。 別の記事へジャンプ(ランダム)

祈り

路上で呼び止められて、それが宗教の勧誘で「一日に三回、神に祈りなさい」などと迫られたら、誰だって断るだろう。しかし「お尻教」という宗教があって「一日に三回、お尻に祈りなさい」と命じられたら、愚生は大喜びで祈ってしまうかもしれない。そしてつ…